スポンサーサイト

  • 2011.08.02 Tuesday
  • -
  • 一定期間更新がないため広告を表示しています

    • by スポンサードリンク
    • -
    • -

蔵元からのMessage.04

  • 2011.06.28 Tuesday
  • 参加蔵について
  •    TOHOKU Sake Forum 2011
     前売券は e+(イープラス)にて絶賛販売中です。

    日   時|2011年7月3日[日] ※第一部・第二部 完全入替制
          第一部 12:00 − 15:00[限定250名]
          第二部 16:00 − 19:00[限定250名] 

    参 加 費|第一部・第二部それぞれ[前売券 2,000円/人|当日券 2,500円/人]
           ※定員に達し次第、締め切らせていただきます。
           ※参加費には3盃分のドリンクチケットが含まれます。
           ※当日受付にて前売券と交換いたします。
           4盃目以降は会場でドリンクチケットを販売いたします。
           [3盃チケット 1,000円|1盃チケット 400円]

     会   場|3331 Arts Chiyoda 1F コミュニティスペースほか
           〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14  Tel:03.6803.2441
           ※東京メトロ銀座線 末広町駅4番出口より徒歩1分 



    [参加蔵元からのメッセージ 5]
    「宮寒梅」宮城県大崎市古川|寒梅酒造|大正5年[1916]創業 
     蔵元 岩崎 健弥


    私たち宮寒梅は「農家の顔が見える酒造りを行い、地産地消と安心安全を図り、地域貢献を目指す」を理念に、酒米造りから自社で手掛け、酒肴に合わせた「一杯でうまい酒」をコンセプトに酒造りを行っています。代表米は「愛国」「美山錦」「ひより」。
    華やかな香りと、しっかりとした味の輪郭が特徴です。


    3月11日に発生いたしました東日本大震災におきまして、被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。そして、私たち蔵元にもたくさんの方からの励ましのお言葉やご支援を賜りまして誠に有難うございました。

    今回の震災で、「命の重さ」「生かされていることの使命感」というものをとても強く感じております。命ある限り、可能性は無限大であると改めて実感しております。私たち蔵元は、仕込み蔵の倒壊や清酒の破損等の被害がございました。間もなく来季の仕込みへ向け、仕込み蔵の解体、そして新蔵建設が始まります。


    私たちは、250石というとても小さな蔵元です。
    20代〜30代が主軸の蔵元ですが、今回被災したことを機に、新蔵には蔵内に全て冷房設備を完備し今まで以上の品質のものを造り上げていこうと決心しております。そして、宮寒梅の所在する宮城県大崎市という地域にさらに貢献していきたいという強い気持ちもあり、酒米等も全て地元産に徹底していくことを決定しております。

    まだまだ未熟な蔵元ですが、一歩一歩前へ進んでおります。どうぞ、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。そして、私たちが今後日本酒を通じて今支えて下さっている皆様に恩返ししていきたいと強く思います。

    ◎当日の提供酒:宮寒梅 純米吟醸 美山錦 45%[特約店限定酒]
            原料米|宮城県大崎市産美山錦
            「華やかな香りと奥深い味わいのお酒です」

    宮寒梅について、ダイヤモンド・オンラインで取り上げられています。








スポンサーサイト

  • 2011.08.02 Tuesday
  • -
    • by スポンサードリンク
    • 16:00
    • -
    • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック

Profile

Entry

Search

Category

Archives

Link

Feed

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

PR